• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン O/H 途中経過



えー
遅くなって大変申し訳ない

加えてまだ終わってません。


本日は写真もUpできないので報告だけです


エンジンがかからない(圧縮ができない)のは
どうやらピストンリングの抱きつきが原因だったようです。

上のリングは半分ほど、
下のリングは完全にくっついて。。

ピストンの後ろ側に縦に引っ掻いたような傷もできていました。

シリンダーの方にも傷が?
と思いましたが、シリンダーは大丈夫なようでした。


リングが抱きつくような運転をした覚えは全くありません
どちらかというとプラグを被らせる様な運転をしてましたから
自分でいうのもなんですけどね

実際プラグの番手を下げて走ってました



原因はなんでしょうか。。。
Jさんいわく
カーボンのカスをかみこんだのかもということでしたが
カーボンってそんなに硬いものじゃないはず

じゃゴミですかね。。。?
なんなんでしょう



とりあえず抱きついてしまったものはしょうがないので
ピストン丸ごと交換です。

周りのピンやベアリングもついでなんで交換します。

注文したんですが、色々と忘れがあったりして
まだ揃ってません(・・;)


それまでにKIPSの掃除とチャンバーでも焼いておこうかと

で、KIPSの掃除なんですが
スクリューで飛び出ないように横からとめてありまして
それを外さないとKIPSを構成する部品が取れないんです。



そのスクリューが固着して取れなくなっちゃいまして
そのために貫通ドライバーをかって上からトンテンカンテン
たたいてやったんですが、全然ダメ


インパクトドライバー買ってこようか悩み中です。




すいませんね、ごちゃごちゃで
終わったら写真とちゃんとしたまとめと書きます。




それではノシ
スポンサーサイト

コメント:

コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。